ウクライナからやってきたパーツ

もう e*thirteen のクランクはこりごりなので次は Race Face にすることにした。
Race Face のクランクにはCINCHシステムってのがあって、スパイダーアームを外してダイレクトマウントチェーンリングを利用することができる。CINCH用のチェーンリングはサードパーティ製もいくつか出ているので気に入ったのを選べる。
最初は Absolute Black にするつもりが、念のため「CINCH Chainring」で検索したら、「Garbaruk.com」というサイトが出てきた。
見てみると、ナローワイドチェーンリング、ジャイアントコグ、10速用カセット、ジャイアントコグ用リアディライラーケージを作っている。 チェーンリングはBCD用(64、76、80、86、94、96、102、104、110、120、130)、ダイレクトマウント用(SRAM、Cannondale、Raceface)がラインナップされていて、それぞれ真円と楕円がある。カラーもそこそこあって、えらいラインナップが多い。Instagram を見ると e*thirteen 用のチェーンリングも作っているみたい。

値段もそこそこなんで、さっそくポチってみる。ポチってからウクライナのメーカーだと気付いた。色々大変な時期なんで大丈夫かよと思って調べてみると、住所がUAEの私書箱になっている。まあ支払いは Paypal なのでそんなに心配してなかったけど。
ここのチェーンリングが他所と違うのはサイズによってチェーンラインが違うところ。Variable Chainline Technologyって大層な名前がついてるけど、要は36Tを中心に小さいサイズは内側、大きいサイズは外側に寄っている。小さいチェーンリングを使う場合はトップよりロー側を使うことが多いってことか?


で、年末を挟んで10日ほどで届いたのがこれ。せっかくなんで楕円にしてみた。

パッケージはかなり簡素。
楕円チェーンリングはロード用ならいくつかのメーカーから出ている。メーカーによって考え方も違うのかデザインがまちまち。MTB用はどこも同じように見えるけど、楕円率とか違うのかな?
早くクランクを用意して試してみたい。

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

フォーク交換

フロントシングル化その6

新しいドロッパーポスト